転戦

今年を占う意味でも、初釣行というのはいやがおうにも気持ちが高ぶるのである。
三連休の初日、メバルの御機嫌を伺いに隣町の漁港に向った。
西風がもたらすうねりが残り、防波堤に打ちつけ砕かれる波飛沫に恐々となりながらも、壁際の底石すれすれでナンとか初物を釣り上げることが出来た。
底をとると、サイズも20cm程度と、中層にたむろしている小型よりはサイズアップした。
b0049180_10492849.jpg


フライは土佐カブラの6.5号。
しかし、アジ型針のためか、すっぽ抜けが多発し、#8ロッドを曲げた良いアタリを3回ほどミスってしまった。
カブラの欠点というか、タックルとのミスマッチも考えられるが、次回は丸型の針にしたいと思っている。
b0049180_1052295.jpg


日曜日、西風がさらに勢力を伸ばし、日本海の荒れ様が期待できた。
県北のヒラスズキの御機嫌を伺いに島に渡った。
予想とおり、西北西の風をまともに受け、風裏でもまともにバックキャストができない状態であった。
当日の波風で、唯一立てる場所にはルアーマンが先行していた。
声をかけ、やや岸寄りのサラシを譲っていただき、ロールキャストでデシーバーを叩き込んだ。
幾度か目のドリフト中、手元にコツッという小さな違和感を捉えたが、はたして魚からのコンタクトであったかは、とうとう分からず仕舞いであった。

成人の日の今日、予想に反して晴れ間ものぞく微妙な天気。
しかし、時折横殴りの粉雪を伴った強風もつきまとう。
いま、こうしてエントリーしながらも釣りに行けるかどうか、思案している自分がいる(笑)。

最後に、昨夜の雨中釣行での成果↓。
b0049180_1125841.jpg

クレージーチャーリーでもイカっちゃうわけで・・・(これまたビミョウ)。
[PR]