やらかした

スカジットインタミの振りゴコチを試すべく、隣町の干潟へ出向いた。
あわよくばキビレでもかじってくれればエエなぁと思いつつ、干潮に浸かる。

さすがに暗がりだとループ軌道が確認できず、一回ごとのキャストにバラツキが大きくでる。
このあたりは、やはり昼間に投げ込んで体で覚えないといけないようである。

そろそろ潮も動き出し、魚も上潮に乗って干潟へ出勤する頃合で、場所をブレイク付近へと移した。
何投目かのことである。
サークルキャストで放り投げたダンベルアイ付きのチャーリーがロッドに当った。
まま有る事なので大して気にもせずロッドに絡まったフライを取り除こうとした。
『やっちまった』
なんと、ダンベルアイがガイドに直撃したようで、エポキシコーティングを残し、無残にもガイドが吹っ飛んでいた。
なんちゅう脆いコーティングなんじゃろうか・・・ぷんこぷんこ

そそくさと現場を後にし、今夜は久しぶりのスレッド巻き巻き&エポキシコーティング作業なのであった。
ちなみにガイドは手持ちのスネークガイドのもっとも大きなものを使用したが、上下ガイドとの大きさがビミョウにマッチングしていない、、、でも気にしないことに決めた。
[PR]