課題

あいかわらずシングルハンドのキャス練をそっちのけにし、スカジット練習に没頭しています。
本日も仕事を抜け出し、某湖でキャス練なのである。

今日は、ラインの置く位置をあれこれ変えつつ、バックから1/4円運動を意識してみました。
自分よりキャスト方向にボディーを置いた場合、自分の真横で円運動に入ると良いタイミングでシュートに持ち込めた。
一方、自分より後方に置いた場合、円の始動が早すぎるとアンカーが抜けきらないようで、いまいちラインに勢いがついてこない。
この場合、自分の体にロッドが巻かれないように脇を開けて、さらに後方から円運動を始動させることで解決できた。

単純な話し、ラインのボディー位置によって円の始動位置(自分の真横~肩口)が変わるってことなんだろうなぁ・・・
理屈にあっているのか、は定かでないにしろ、とりあえず自分スタイルということで納得した次第である。

次ぎの課題とする「猫パンチ」であるが、これがまた上手くいかない。
右手の肘が下がらないように留意し、前方上空へ向けてパンチを繰り出すものの、成功率が低い。
たまに、リールが逆転するほどの力強いループが作られるが、大抵がヒルル~ン・・・ボトン!って感じです。
これだと着水してからフライが泳ぎ出すまでに、かなりのラインを修正しなくてはならない。
そう、釣りにならないキャストなのです。

まだまだ未熟であります。
[PR]