ヒゲ男爵現る

ホトトギスが夜明けを告げた。

にぶいモグモグ系のアタリはやはり鬼平ニボーンであった。
サイズは昨週を上回る個体であったが写真を撮る気力もなく、さくっとリリースする。

瀬を釣り下ると、またまた鬼平の出番。
どうも鬼平に憑かれているらしい・・・

流速が弱まるあたりで今まで以上の鈍重なアタリがティップから伝わってきた。

b0049180_20121031.jpg




b0049180_20123747.jpg


シューティングラインは遥か対岸の流れに突き刺さり、バッキングのPEも2/3が吐き出されていった。
ヒゲ男爵は瀬の終わりのプールを疾走し、ディアクリークはコルクグリップから曲がり続け、疾走を激しいバイブレーションで表現し続けた。
b0049180_2015471.jpg


両手で抱えてゆるい流れに戻す。
その後、またまた同じサイズのヒゲ男爵を釣る。
スカジットラインおよびシューティングラインのストレッチにはもってこいの相手であった。
[PR]