まぁ、こんなこともあるわなぁ・・・

10月に入り、日中と夜半の温度差が大きくなって、ちょっと体調を崩しやすいし、それに疫病も流行っているようだし・・・
そりゃ、いかん。
釣りに行かねば。

と、息巻いてみるものの、中途半端な仕事待機のため、帰広せず、ここ山口から近場の釣りでお茶を濁しとこうという算段であった。
初日は某漁港の新しい波止でのカマスのプチ爆釣でスタートした。
b0049180_15382592.jpg




夕刻、陽が山陰に沈み、空に薄墨を引く頃、表層から1m下ぐらいで「ギラッ」と反転して喰ってきた。
良型のカマスである。
カマス、セイゴ、セイゴ、カマス・・・う~ん、なんだか分からん爆釣サイクル。
b0049180_15413347.jpg

アタリが遠のくと、湾の内側を探ったり、T14のティップで棚を深めたりして、適度に竿を曲げることができた。
しかし、凡そ30cmもあろうかと思しきカマスも居たり、なかなか侮れない波止でありましたぞ。
そうこうしつつ、一人身の干物分を調達したところで、夜半シーバスへ突入した。

常夜灯がだんだんと輝度を高め、夜がやってきた。
軽い夜飯を喰い、ぼ~っと夜空を見やっていると睡魔が襲ってきて、つい、シートを倒さざるをえない状況に陥った。
軽く気絶し、目覚めると、あたりはエギンガーに占領されており、「オジサンの立入る隙もないじゃん」状態。
近くの人気の無い漁港へ移動。
ここは、なぜかしら釣り人と競合したことがない、そんなポイントである。
釣り人が残していたゴミもあるし、墨跡もあるし、なぜだろう。

ここではシェードに着いているシーバスがターゲットであるが、もう少し季節が進むと、メバルをトップで狙えるポイントなのだ。
軽く潮が動き出し、河口独特の釣れそうな雰囲気に満ちる。
マイクロセイゴは無邪気にバイトするが、まぁまぁサイズは、追ってはくるが口を使わず、あたっても乗らずで日付変更線のちょい前で諦めたのであった。


翌日、なんだか倦怠感を覚えつつも、ハンドルは日本海へ向けて切っていた。
結局、昨日のカマス波止へ向かい、餌のチヌ師が場所を空けるまで車中で気絶してみた。
昨日と同じ時刻あたりで、やっと波止が空き、フライ専用区の営業時間となった。
まぁ、カマスも居つきじゃないので、回遊待ちの間にシーバスでも、と思い適当に捨石の駆け上がりを狙ってラインを沈めていった。
恐らく中層辺りであろう。
早めのショートピッチでクラウザーミノーを泳がせていると、突如として竿先が押さえ込まれた。
もしやデカデカシーバスかぁ!と内心浮き気味になったのだが、その期待は数秒後に裏切られた。
しかし、底にゴリゴリと突っ込む引きは、明らかにシーバスでもなく、根魚かチヌのそれであった。
底から引っぺがし、その正体が確認できたときは、初物であることもさることながら、ひょっとしてアコウ?という期待もあった。
b0049180_1644974.jpg


一度、捨石の隙間に潜り込まれたが、テンションフリーで数分間(体感では5分)放っておいたらスポンと抜けてきたのだ。
ランディングの際に、口からは2尾のアジが放り出された。

帰宅後、ネットで写真を照合してみると、真ハタなのでは、と。
噂には聞いていたが、やはりすごいファイトをする魚であった。
b0049180_1612762.jpg


なぁ、こんな状況もたまにはいいかも。。。な連休でした。
[PR]