2009忘年会

今年の忘年会は、しまなみ某島でのオフ会形式とあいなった。
土曜日の午後、某島バス待合所に集まった海フライマン達は、misago幹事の奥方のとびきりうんまいオデンでスタートフィッシング!
かなりのバイトスピードで、見る見るうちにバッキングが無くなっていった。
濃い海フライネタで熱く盛り上がる待合所とは裏腹に、どんどん強まる西風に、防波堤を超える白波、ガタピシと唸るガラス窓。
この時点で釣りはほとんど無理と判断したものの、夕刻を待ちきれず5本のフライロッドは繋がれた(笑)。
マズメまでは風裏でメバルを狙うが、パタパタとたなびくフライラインと格闘している間に終了。
ここで2手に別れ、実績桟橋でタチウオ狙いへ。
開始早々、Oritaさんのフライにチェイスあり。
期待は高まるが、西風でキャストできる範囲が限定され、しかも海面は波立ち、ベイトっ気もない。
少々、気持ちも萎えてきたところで、タチウオの魚影確認の連絡を受けたmisago班が合流。
ここで、拙のロッドが魚信を伝えた。
b0049180_19435817.jpg

細めのタチウオであったが、唯一の水揚げで一瞬歓喜に満ちた桟橋であったが、、、、ホントに一瞬であった(泣)。
その後、底をとったラインに重量感があり、ゴリゴリと巻き上げてみると、2500番クラスのスピニングリールが釣れた。
しかし、ランディング間際でばらしてしまった。
もしや、ステラかイグジストかと妄想してみたが、フジツボ付きのリールなんていらんぞ・・・

突風で身を倒されそうになる。
今夜はこの調子で荒れたままの予報であり、コーヒータイムでしばし休憩に入る。
コールマンのランタンが燈る待合所で、甘いお菓子とブラックコーヒーで冷え切った身体を暖めた。

夜半、目が覚めて、防波堤を見やると、非常に怪しい人影が。
misagoさんとOritaさんが風に飛ばされそうになりながらも、魚釣りをしていた。
とてもついていけないと思い、再度眠りにつく。
再度目覚めた、午前5時。
西風は若干勢いを落としたものの、やはりフライラインを飛ばすには邪魔な存在だ。
それでも、何度か夢をみたのだが、無情の風は冷たく、そして痛かった。

夜が開け、忘年会を締めくくる早朝マッタリ~ヌタイムを過ごし、来期の夏、はたまた忘年会の開催を当地で行うのじゃ!という密約を交わしたとか、しなかったとか。。

みなさま、大変な状況ではありましたが、楽しき一時、ありがとうございました。
幹事のmisagoさん、お土産を頂いたOritaさん、キャス錬してくださったP-20さん、丸竹竿を振らせてくれたKenYanさん、お世話になりました。
Saltさん、来年は是非。
来年も良い釣りができるといいですね。
ではでは。
[PR]