夏ゴギ

いつもの谷奥のゴギ。
沢の流れは細く、そして妙にぬるい流れで、いつもの生気がまったく感じられない時がしばしつづく。
そこはそれ、この谷のポテンシャルを侮るなかれ。
とりあえず、ゲリラスコールの後の一尾。
巻き返し、開きの反応は乏しく、流れの到達点の、しかも穴の大きめな岩にしか付いていない。
盆休みに相当数の釣り人が入渓したのだろう?
b0049180_21224447.jpg


上空を覆うブナの葉の緑色の光を浴び、ミンミンゼミの声も涼しげな源流の夏ゴギ釣り。
帰りの林道で汗が吹き出る、、夏ゴギ釣り。
また来年。
[PR]