再会!?

ひげながの乱舞も終焉をむかえ、それにリンクするようにイダの魚信も途絶えた。
2流し目は、流芯の対岸側を狙って立ち位置を少し流芯へと移した。
今夜はスカジットキャストが順調で、難なく向こうのバンクまでフライを持って行くことができた。
少しにぶいあたり(内心は根がかりと思った)があり、そのコンマ数秒後にはランニングラインの80%が下流へと突っ走って行った。

b0049180_1449925.jpg


また「意外な君」である。
しかも、ゆうにスズキサイズと呼べる寸法を超えている。
15分のファイトで難儀させられたのは、頭部へのすれがかりが原因であったのだが。。
b0049180_14514555.jpg


本命のサツキマスは確実に入っているはずだが、こんな魚が一等地に君臨しているのでは釣れない理由は付く。と自分を慰めた。
[PR]