ロッド占い

年の瀬の慌しい中、如何お過ごしでしょうか?
わたしは、多忙の中、こうして掃除もせず、賀状の準備もそこそこに、2004年の締めくくりにあたり、ニューロッドをフリフリしております。
b0049180_1135950.jpg



前作のギャリソンと時を同じくしたロッドではあるが、最近やっと出来上がった。
これには、ワケがあるのだが、ティップの接着に失敗したのち、ほったらかしにしておいたのである。

さて、表題とおり、来年度の釣り運(上半期)をこのロッドで占ってみました。

*1月~2月 (0~5ヤード)
ティップの暴れも無く、リーダーキャストから、ピンポイントの穴釣りまで真竹の軽さを生かしたキャストが可能。
→年始から多忙は続き、息つく暇なく忙殺されるでしょう。しかし、解禁への期待感を胸に持ち前のいい加減さから、軽々とこなしていけるでしょう。(相対的に◎)


*3月~4月 (5~10ヤード)
#4ラインの負荷が小気味よくバットを曲げてくれる。ただ、しなやかさはシャープさを相殺しているのは否めない感じ。
→解禁に突入したものの、ややまったりとした釣果となるだろう。泣かず飛ばず。
暖冬の影響からか、春先のライズにガツガツせず対峙することが肝要。(相対的に△)


*5~6月 (10~15ヤード)
ティップがかなり根負けしている感じで、ラインが延びない。
ただ、しっかりとループを確保できれば、左右のブレも少なく許容範囲。
ただし、この距離をコンスタントにキャストせざるを得ない湯原や本流プールなどでは、#3ラインがいいかも。
→春先のまったり感にお疲れの様子。そろそろ源流ゴギにでも逢いに行かなくちゃ~。
(相対的に△)


以上の占い結果は年始の暴飲暴食とともに忘却の彼方へ。
年始はOrvisの5ftで占ってみまひょ。
b0049180_11514175.jpg


では、良いお年を!
[PR]
by gogihashi | 2004-12-29 11:53 | 竹竿 考