混生の源流

標高こそ高いのだが、水温は高く、流れも落差が少ないため比較的釣りやすい流れであった。
過去、一度だけ源流を詰めようとして挑戦した川なのだが、入渓したのがすでに夕刻であり、雰囲気がかなり不気味だったので詰めきれなかったこともあった。
なぜか釣り荒れてないだろう、と勝手に解釈し、朝駆けして挑戦したのだった。
結果からいうと、かなり魚が抜かれているのでは?という印象と、アマゴ+ヤマメ:ゴギ=3:1の割合で釣れたという結果。
混生域は落差4mの滝を挟んでもなおも上流に続いており、それは谷の分岐した後も続いていた。
地形図からの推察では完全なゴギ域だと思っていたのだが、人為的な放流の結果なのか、本来なら生息するとは考えにくいアマゴ(朱点の派手なやつ)も釣れた。

b0049180_10223873.jpg

最初にゴギに行き着くまでに約3時間を要したが、型はそれなりに満足できる8寸弱。
ゴギ部屋からの反応は全くなく、ヤマメがついていない開きで出た。
混生域のゴギ釣りは釣り方がよくわからない。

長い長い林道を下り、入渓から6時間を共にしたスリングバッグを背から降ろし、着替えていると、一台の車が林道を遡ってきた。
山口時代の友人2人であった。
お互いの釣果と状況を話したのだが、下流の流れもパッとしなかったようだ。
御仁も釣り荒れてないだろうという、甘い目論見でこの川にやってきたのだが、お互いそれほど甘い汁は吸えなかったようだ。

多分、もうこの川には来ないだろう。
[PR]