今期最後の釣り

あるブログで興味がわいて気になっていた枝沢をめぐる。
1本目は整備された作業道を遡ってエントリーする流れだったが、水も少なく、アブラハヤの猛襲で撤収した。
2本目の沢も作業道を20分程度遡ったところから沢を横断する木橋からエントリーした。
早速、8寸の派手なアマゴが釣れた。
しばらく遡行して流れが二分した河原で昼食をとった。
水量が多めな左股を行こうかと思って腰を上げた刹那、一人の登山者が作業道からこんにちわ。
去って久しい集落跡がこの上流にある。それを見に行くのだ。と言っておられた。

右股の流れに進んだ。
流れが細く、アブラハヤも五月蝿い流れだったが、やっと水深のある淵に頭を出していた石裏でヤマメがでた。
尺を優に超えた個体だった。

b0049180_2016496.jpg


この前にも8寸の個体を釣ったのだが、意外と魚影が濃い印象の谷だった。
まあ、地図を見ても水色の蛇行線がないのだから、釣り人もあまりこないのだろう。
来期はもう少し上流まで探索してみたいと思った。

b0049180_20195636.jpg

[PR]