「ほっ」と。キャンペーン

サワケンに学ぶ

今までその名前を聞くたびに、どこか月の裏側に住む異次元の釣りをたしなむ御方だとイメージしていました。
正直にいうと、どこかに忘れてしまった「何なのかも分からない」、でも気には成る存在であった

沢田賢一郎さん そう世界のケンサワ~ダである。
グーグルで検索すると、4140件もヒットする「御方」なのである。
わたしがまだ、おふくろのチチを漫然と吸っているころ、ハーディーさんやリッツさんにキャスティングを教わり、日本のFFの基礎を構築されたアングラーなのである。

さて、今もってメディアを媒体として名を売りつづけている自称「プロFFまん」の方々とは、ちょっと羅針盤が異なっていることが彼のサイトで分かりかけてきた。
それというのも、「サクラマス」をウェブで遡っていたときに見た彼のサイトに、えらく驚愕し、困惑し、羨望してしまったからである。
すっごいおっさんやな~
これからは敬意を含め、「サワケン」とお呼びすることにした。
そして、ウェットフライで「フィッシュ・オン!」と叫びたい衝動にかられているわたし。
ハンチィング帽は必須ですよね・・・

でも・・・魚のエラに指突っ込んで持ち上げて、
     ニコパチ写真 撮るの 止めてもらえないかなぁ。
[PR]