癒しの谷

雨後の増水を期待して、いつもの癒しの谷へ向かう。
山腹を蛇行しながら峠を越えると、フロントガラスに当る雨粒が大きくなっていた。
予報では、これから本降りになるのだが、先週の遠征のことを思うと一人で源流に分け入るには勇気が必要。
まぁ、無理しないところで適当に釣るつもりであり、エスケープの容易さも、この谷を選んだ理由である。
b0049180_18105249.jpg

獣道から川に降り、シルクラインをガイドに通す。
いつもの淵で、いつものドリフト、いつものフライでゴギが出る。
渇水を乗りきった頭でっかちのチビゴギで貪欲ではあるが、愛嬌たっぷりの瞳に感謝し、流れに戻した。
上方の空けた区間では、ライズかと見間違うほどの雨粒の輪。
3時間の遡行で、すっかりずぶぬれになった。

ブログ名を「チビゴギ」にしようかなぁ・・・・
[PR]