波止場のコモノ釣り師

連敗に次ぐ連敗を重ね、ようやく釣りが成立しました。
下げ潮に入ったころからCバスの活性が高まり、子魚を追うボイルに水面が賑わいはじめた。
ストリーマーでは追うが食わずなので、ストレスがピークに達しようとするが、それはそれ、ボイルを目の前にした釣り師は無我夢中なのである。
フライをポッパーに替えると狂ったようにライズしてきた。
久しぶりに見るCバス(とはいえ20cmなのだが・・・)に「ヒデキィ感激」、、である。

潮も引き、岸壁の牡蠣が露出し始めたところで、フォーリンFFに切り替えた。
管付きチヌ針1号に巻きとめたイガイフライの、着底後のステイとゆっくりとした上昇につられて、彼女がロッドを曲げてくれました。
b0049180_2391732.jpg


明日は日本海!
イカ墨浴びまくり釣行なのである。
[PR]