エギング

わたしの先入観はこうであった。
   「たかがルアー(エギ)を引っ張ってイカ釣りするだけじゃないか!」

この「たかが」が奥行き深く、また辛辣なる深淵を導き出すのであった。
つまり、、、どっぷりハマっちゃったのである。

土曜日は曇天にもかかわらず、胴長20cmを筆頭に、5時間で12highと満足できる結果であった。
うち4highをかみさんの実家に届け、残りは今宵の晩酌のあてに相成ったわけだ。

今日は晴天につき、宵のうちに出発したが、夕日に顔を赤らめるまで粘るものの、3highに終わった。
この状況の差は一体何であろうか?
回遊に違いがあったのだろうか?
うむ、アオリイカ、、、味わいも釣りも奥が深いのである。
b0049180_2035482.jpg

[PR]