船長!これが・・・

ナブラってやつですか!?
b0049180_20324569.jpg


小雨まじりの潮目で、それはそれは偶然にも、いや幸運にもナブラが発生しておりました。
ボートエギング2回目の今回は、アオリイカに飽きたらジギングで青物でも如何?っていうツアーであった。
しかしながら、朝一番に到着する予定のアオリポイントに達するまでもなく、それはポップコーンがパンッと弾けたように、突如として起こったのでした。

水面に無数の鰯が逃まどう中へ投じたメタルジグには一発で反応した。
宮使い改め漁師予備軍のZ君は、さすがに手慣れたようすでヤズ(ハマチの幼魚)をブッコ抜く。

ナブラの移動が早く、フライをプレゼントする間合いが取れないので、ナブラの軌道を予測して待ち構えることにした。
目の前で繰り広げられる集団リンチ、いや殺戮か・・・
無数の鰯が乱舞する、その手前にエンリコストリーマーを投じた。
自分でも信じがたい速度でリトリーブすると、、、ほら。




40cmのヤズが猛烈にして果敢にフライを引っ手繰っていった。
40cm。侮る無かれ。
#8ロッドをバットまで曲げ、バッキングラインまでも引きずり出すパワー。
寄せては走られを幾度重ねただろうか。
その間、わたしは、意味不明な叫びを連呼していたそうである。(サイコウ~ッとか・・・)
このようなチャンスにめぐり合えたことに感謝し、Z君と祝杯をあげた。
b0049180_20364733.jpg


あっ、アオリですが、25cm(700g)を筆頭に、アベレージ20cmとサイズにも数にも恵まれました。

海の釣りってのも、ええもんですねぇ。
b0049180_204233100.jpg

[PR]