心理的安堵を求めるがための統計学

なにげに小難しいことを言っておりますが、単なる備忘録に過ぎませんので、あしからず。

メバルの体温と表面水温から見た、とりとめの無い傾向。

 ・ 表層およびその直下でライズしている個体の体温は表面海水温と同じである
 ・ 概ね7℃以上になるとベイトを追ってライズする
 ・ 風を受けると表面海水温が下がり、魚は沈むが序々にである
 ・ 3℃では潮が澄み過ぎて生態反応皆無
 ・ 8℃以上の大潮では、多毛類、甲殻類が盛んにハッチ(?)する

現段階で考えうるところは上記のごとくであるが、はたしてこれが、万事、万物に適応するものかどうかは不明である。

ちなみに今夜のメバルは6.8℃の5cmが2尾でした。
わたしの心は-20℃です(ガ~ンッ)。
[PR]