小春の管釣り

昨年に出来た庄原の管理釣り場へ行って来ました。
まさに管理された釣り場である。
休憩小屋、東屋、浮き桟橋に身障者エリアなど。
見るにも新しい釣り場である。

ポッカリと空いた土曜日は、時折柔らかい日差しも差し込む暖かな一日であった。

薄く濁った湖面には、回遊するニジマスや、小型のヤマメらしき魚が時折ライズしている。
到着後、しばしドライフライを投じたが、魚からは発見しにくいのだろうか。
一度、水面下でギラッと反転したのみの反応に、すぐさまマーカー釣りへとシフトした。

意外にもヒレピンの魚が多いのには驚いたのだが、背中にタグをくっつけたニジマスにもびっくりしたり・・・
スタッフによると、タグ付き魚は、一日券無料とのこと。
ナンダ、、、リリースしたがな。
↓これはヤマメだと思うのだが、如何でしょうね?
b0049180_2019313.jpg


変なフライを咥えておりますが、別アングルで。
b0049180_20224945.jpg


3時ごろから1キャスト1フィッシュ状態に突入した。
圧巻は、足元にポイッとフライを垂らし、ガイドに絡まったラインを解こうとしてロッドティップを手元に寄せた瞬間に、「ガブブッ~」とラインをもって行かれ、慌てて左手でラインを手繰ったり。
久しぶりに右腕が張るほどの釣りを堪能しました。
スレないフライと、繊細な当りを取れるマーカーのお陰、&Furuさんの進言があったからこその釣果だなぁ。
[PR]