初秋のCバス

ブログの更新が滞っている訳。
それは、橋脚の主が夜な夜な誘ってくれるからなのです。
干潮でも満潮でもそいつは決まって橋脚の際ギリギリでふんぞり返っているらしい。
エンリコ投げて、流れに任せてドリフトすると、、、ボゴッ!
フローティングミノーでも、、、ボゴッ!
ハックルストリーマーでも、、、ボゴボゴッ!

毎回毎回、挨拶してくれるお行儀の良いCバスですが、いまだその顔を拝んでいません。
今夜は生憎の冷たい雨です。
川の匂いを嗅いだだけで帰宅したのです。

リバーCバスも難しいもんです。

↓満潮を迎えた緩やかな流れの瀬についたセイゴなり。
b0049180_2330690.jpg

[PR]