イカ道楽

ルアー釣りを嗜む方に多い表現に、○○ingがある。
エギング、メバリング、アジング程度ならストレートに対象魚が分かるのであるが、至ってはチニング、、、なんじゃそりゃ。
元を正せば、ブラックバス釣りをバッシングといい、スズキ釣りをシーバッシングと言うものらしい。
なんでもingを付ければ疑似餌界では、ナウでヤングな釣り名となるようだが、ダサくてオジンなわたしには少々受け入れがたいものである。
『にっぽぉんだんじ』であるならばだなぁ、イカ釣り、メバル釣り、アジ釣り、チヌ釣りと言おうではないか!

さて、本題へ。
西空に薄い雲を残しつつも、日曜日の日が昇った。
凪の日本海でのイカ釣りである。
肌寒いが弱い北風を正面に受け、キャストする右腕に力がこもる。
遠投からの誘い、あるいはテトラ際の平行トレースも空振りに終わる。
マズメであるが、浅場のベイトを意識したイカが居ないと見きり、得意の防波堤の足元攻撃を。
水深にして約6mか。
3.5号のエギを沈め、着底と同時に水面下までしゃくりあげる。
やっと追尾してきた1highを確認できたので、エギを2.5号へチェンジ(こすいっ)。
落し込み釣法にて本日最大のアオリを釣る。
続いてもう1highを獲るものの、そこからが我慢の釣りとなった。
日が高くなるにつれ、気温も焦燥感もグングン上昇してきた。

北へ車を走らせながら、早めの昼食をとる。
昨年、おろしたてのエギを1投目でロストした某港へ。
先行のイカ釣りさんが4名、しきりにロッドで風を切っていらっしゃる。
何故だか空いている防波堤の先端付近に立ち、船道とテトラの境目にエギを投入した。
幾通りかの誘いをかけて、5highほど掛け、やっとこの日のパターンが読めた気がした。
・ 表層のダートは全く無視されること。
・ テンションフォールでは抱かないこと。
この2点が本日のキモであった。

一通りエギを通したので、隣地の磯場へ移動した。
ここにも先行者がいたが、皆、北東からの風を嫌い、風下へキャストを繰り返していた。
岬を抜け、風表の浅場に到着。
ここなら誰もエギを通していないはず・・・
・・・作戦成功。
ほぼ1キャスト1チェイスの納得できる結果であった。

既に夕飯のタネは十分だし、釣り上げたイカの墨やかなる一撃を食らい、ズボンの膝頭あたりに日本地図を描いたりで、2時前に帰宅したのであった。

↓ちょっと色グロですが、アツアツのホクホクのウマウマでございます。
b0049180_2064374.jpg

[PR]