模イカ

某「フライ竿師's」という雑誌に一際目を奪われたフライがある。
春先にメバルやCバスなどのフィッシュイーターにこよなく愛される「子イカ」のフライパターン。
見た目のリアリティは言わずもがなだが、丁寧な作りに「うむむぅ」と唸る。
是非とも水中に漂う(サスペンドだと思うが・・・)姿、そしてスローに引っ張った際の悶え様を想像するに、相当なポテンシャルを秘めているものと思われる。
ボディの構造説明は割愛されていたが、おそらくワイヤー芯+脱着可フックかなぁ。
「これ、いただき!」と思いきや、いかんせん素材が液体ビニールというところで早くも挫折。
そこまで工作する手間を考えると、、、、
  エビワームでエエやん。
  
  ワームバケでエエやん。
  
  クリアワームでもエエンちゃうか?

  透明シリコンチューブでもイケルじゃろなぁ。

と、なにげに力なき抵抗を見せるのであるが、あっさりと尊敬いたします。

(ゴギ釣りに使ってみたい・・・)
[PR]