さぁ、脇をしめろ!の話

釣りの途中で両手を使わざるを得ない所作。
フライ交換。
ティペットの継ぎ足し。
お茶を飲む。
たばこを吸う。

貴方は右ですか?それとも左ですか?

いや、あのぉ、思想とかナニとかじゃなくて・・・

この釣りを始めてからずっと、右脇にロッドを挟み、上記所作を行ってきました。
左脇がお好きな方も見えられますが、わたしの場合、やはり右脇がしっくりくる。
正確に言えば、右脇のしめつけ力の方が信頼できるのであろう。
先日、釣りの途中にふと疑問に思い、試しに左脇にロッドを挟んでみた。
今にもずり落ちそうな感覚と、右脇のルーズさに違和感を覚えました。

しょうもない疑問ですが、これには利き腕が関係しているんでしょうか?

ちなみに自転車の片手離しは右手であります。
ナニも右手に軍配が挙がります。

この疑問、「いや、わしゃぁ股間に挟むけぇのぉ」と言うコメントは御遠慮ください。
ある意味、尊敬いたします。
[PR]