春分アマゴ

昨夜のエントリーとおり、高揚感まるだしの釣りバカは勢い良く高速に乗った。
Riseあればエエなぁ・・・
b0049180_19575293.jpg

2時間ぶりの魚信に大慌てフッキングし、ティペットを魚体に巻きつかせてしまい、少々可愛そうなことをしてしまった。
0.75Syの朱点少な目なアマゴ。
もちろん、綺麗であります。





b0049180_2004227.jpg


午前中は町中の集合住宅を懐にかかえる某支流からスタートしました。
川べりの農道から水面を覗き込むとアマゴが5尾ほど見える。
流れに押されぬよう、尾鰭をしきりに震わせているが、捕食している様子もない。
水温を測ると、8℃をわずかに下回る。
たった一度のライズをドライでとり、ここで昼飯兼移動。

たどり付いた先は、ジンクリアな流れのアマゴの住む清流。
b0049180_2053993.jpg

贔屓目に見ても魚っけの少ない、チャラ瀬を主体としたフラットな流れに立ち込む。
盛夏の瀬の釣りとは対照的な、緩流帯を中心にした釣り上がり。
3時頃、一時的ではあるが、まとまったハッチが起こった。
流下するニンフやダンにライズする筋に#11のパラシュートを流し込むと、おっかなびっくりライズ。
まだまだ捕食に慣れていない春分アマゴ。
こちらもフッキングに慣れていない釣りバカ。
久しぶりにライズを探しながらのゆったりフィッシングを堪能したのである。

ちなみに、ここの水温は7℃以下でした。
アマゴは緩い流れのみに定位していたようで、もう少し水温が上がれば、虫の流下もライズも春爛漫となるだろう。
[PR]