DVD

杉坂隆久さんの

「ウェットフライ スーパー・テクニック」というDVDを観て。

ありがちな、「こうしなさい」的なテクニック解説を予想していたものの、見事に裏切られた感じの、どちらかというとドキュメントタッチの編集内容であった。
釣りビジョンの一部かと。
大河川のパワーウェットから、渓流シーンまで、実釣主体であるものの、投げた、流した、釣れた、だけにとどまっている点が不満でもある。

どこを狙って、どの流れにラインを揉ませ、どのレンジ、ターン、スイング、、、、で。
ウェットの見えない部分、おそらく初心者としてはイメージすら掴めないカユイトコロを解説して欲しかった。
それがなされていない(全くないと言うわけではないが)と言うことは、決まりきった定義付けなどウェットの釣りでは不毛なことなのかも知れないし、一義的に括ってしまうほど浅くない釣り方なのだろうけど・・・

付録映像のタイイングとシングルハンドによるスペイ、ジャンピングロールは目が点になりました。
これは、一見の価値ありじゃね。

もう一つ、できれば「渋い隆久おぢさん」じゃなくて、「Dr.杉ちゃん」のキャラで登場して欲しいというのは、マニアの叶わぬ夢でしょうか!?
[PR]