極寒ウェーディング

昨晩はキリリと冷え込んだ。
流れ星が地平線へと静かに落っこちていった。
メバル漁港でマーカー釣りの最中、突如、ギュルルとお腹が悲鳴を上げたので、内股で道の駅に逃げ込んだ。

はて、、、どないしょ。

潮は悪いが潮位差はある。
あの橋のたもとのCバスが気になり、メバルタックルを仕舞った。

居た!
相変わらず、下流のよれた明暗部でボイルしている。
気温は2℃でも風が無いのが幸いである。
今年最後のウェーディングをしてみることに。

b0049180_9141099.jpg


1本目の橋脚まで慎重に歩を進め、いつもどおりのスウィング&流し込みで、元気なセイゴが水を割った。
スレないように、2キャスト毎にフライを替え、ドリフト、リトリーブに緩急をつける。

b0049180_9163220.jpg


型は出なかったが、7尾のセイゴが竿を震わせてくれたのは、このくそ寒い中で水に浸かり竿を振る馬鹿者に対する慈愛なんだろうなぁ。
[PR]