水面の攻防

いよいよ本格化した様相の瀬戸内メバルです。
広島では、牡蠣屋周辺でぼちぼち型が出揃う時期であるが、釣れる個体のほとんどが胞卵している。
ここ山口では若干遅れ気味ではあったが、漁港周辺での釣果が聞こえ始めた。

今夜でかけた訳は、低気圧接近と湿度の高さ、それに無風で暖かい、とくればメバルでしょ・・・。

漁港の常夜灯下では、やっと満潮から下げに入った潮汐で、表層の微小ベイト(多分イカの子か、カニの幼生)にライズするチビメバルが多数見られた。

シーズン突入の合図である。
さくさくっと祝いミノー改でトップゲームを楽しんだ後、スクリューテールもどきフライで1キャス1ヒットに持ち込む。
漁港ではこのサイズが群れているようで、型狙いをスッパリと諦めると、数釣りが楽しめる。
久しぶりの小気味の良い引きを堪能した師走の夜であった。
b0049180_030179.jpg

[PR]