初ウェーディング

今年初となる河川ウェーディングの釣り。
ここは工場から排出される温水に導かれ、チヌ、キビレ、シーバス、そしてメッキで賑わう流れである。
干潮前2時間からウェーディングし、本流と排水のぶつかりに向ってキャストした。
ベイトの存在も希薄で、上流から吹きつけてくる風に波立つ流れに、ただただ一心にフライを叩きつけた。

工場の照明灯が水面を焦がし始めたとき、やっと待望のあたりが襲ってきた。
b0049180_22401849.jpg

決して大きくはないが、鋭角で強暴な引きは流石である。

その5分後、、、フォールで食ってきたのはサイズアップしたキビレ(手尺で40cm)。
b0049180_224248.jpg


込み潮が両岸に、そして流芯では温排水が、複雑なカレントを形成している。
その流芯に向け、クロスキャスト後、軽くメンディングしてフライを沈ませる。
水深は概ね1mぐらいであろう。
着底した頃合を見計らって、ラインを張り気味にしてスウィングさせる。
コツコツと小さいが硬質な前アタリの後、一気にラインを持って行ったのは45cmアップの大人のキビレであった。
b0049180_22453387.jpg


わずか1時間の短い地合いで、アタリがなくなり、そして満ち上げる潮によりウェーディングの限界が訪れた。

本日の本命であるメッキ、タァポンは釣れはしなかったが、久しぶりの銀鱗とのファイトは実に愉しくも有り、そして利き腕の痛みも嬉しいのであった。
[PR]