シーバス戦記(サヨリに翻弄の巻)

難しいのはわかっている。
でも目の前でボイルする魚を見て、ホッタラカシにするほど人間ができていないのである。
スペイで無魚って、インタミのシューティングで無魚って、今夜はフローティングラインでのオーバーヘッドキャスト(ダブハン使用)で挑んでみたものの、やはり・・・であった。
どうもサヨリの稚魚(5、6cmほど)に御執心なようで、何投げてもバイトすら無い状態に、頭から湯気がでました。

最近、水産卸業者に職換えした吉備の国の御仁?に感化され、水面直下サスペンドのペンシルフィッシュをタイイング。
さぁ、明日にかけまする。
[PR]