夏の風物詩

暑い夏を乗り切るには、そう、彼に逢わねば。

先行者二名の後追いになったものの、律儀な彼らは、心に幾つもの傷を負った釣りバカを癒してくれる。
先行者も律儀なのか、開きのゴギ部屋はノックしていないようで、ウェットを引っ張れば必ずと言っていいほど答えが返ってきた。
天空へ向うゴーロ帯の住人達は、さびを残していたり、オレンジ色のおなかを見せびらかしていたり。
釣りバカは御尻の筋肉痛を訴えて仕事をキャンセルしたい、そんな週明けでもあった。
b0049180_2035737.jpg

[PR]