トビウオの気持ち

秋アオリにカマスが気になり、午前4:30に目を覚ましてしまった。
曇天、強風、時折降雨、の日本海で壮絶なる闘いの火蓋が切って落された。

まずはエギフライで秋アオリと戯れる。
ほどなく10cmほどのキッズアオリがわらわらとエギフライにちょっかいを出しに来る。
こちらは合わせる予定もないので、イカパンチのしぐさを波間に見つつ、また、どういったアクションが御気に召すのか、を試しながら遊んでいた。

ふと、防波堤の先端付近の海面がやけに波立ち、えらく荒れた様子が目に映った。







背鰭を海面から突き出し、トビウオの群れを錯乱させる。
海鳥達もおこぼれや、慌てて海面から飛び出すトビさんを狙って狂喜の飛行。
飛沫のその数、もはや想像もつかない。

↑ちょっと酔いそうな動画です。

こちら側の防波堤から対面堤まで縦横無尽のなぶらである。
急いで防波堤先端まで走り、なぶらに向ってクリースフライを投じた。
5尾居た群れの、ちょうど中心に突き刺さったフライをトロピカルカラーの奴が引っ手繰って行った。

ロッドはグリップからガン曲がり。
やつが進行方向を変えた途端、あっけなく幕切れとなった。

そりゃぁ、無理だわさ。
#4ロッドに1号ティペット、、、、では。
1.5秒の寸殺に、どろどろにほとばしったアドレナリンの行き場を無くした。

車まで、久しぶりの100mダッシュ(苦)。
#8ロッドとエギングロッドを携え、堤防先端まで2回目のダッシュ(苦×2)。
なぶらを横目に、タックルの準備を進めるものの、心臓がバクバクと痛むばかりで、ちっとも進まないのであった。
そして、ご想像のとおり、準備完了とともに、なぶらは対面堤防まで移動していたのであった。
(悲)。

さて、首謀者は一体なんだったのか?
その答えはタモ網によって地上に降臨したのであった。


お昼ごろ、内湾でのんびりとカマスをつついて食材確保に精を出していた。
すると早朝の再演が外洋側ではじまったのである。
こりゃ、やっつけちゃらんといけんでしょう。
と、メラメラと燃え盛るリベンジ魂とペンシルベイトをぶらさげたエギングロッドを持って、外洋なぶらポイントに程近い、灯台下まで300mダッシュ(苦×max)。
息も絶え絶えに潮目を狙いを定めキャストし、直ちに超高速トウィッチでガツン!!
やってもうた!
シイラは一気に反転し、エギングロッドはこれまたグリップからガン曲がり状態。
リールが煙を上げる勢いで逆転し、泣き、苦痛に打ち震える。
とうとうスプールの地が見え始めた。
いかん。。このままでは・・・
ドラグを締め上げるがなしのつぶて。
スプールを手で覆い、ロッド剛性に頼ってみたものの、またしても幕切れはあっけなかった。
PEとリーダーの結束から断線され、力なく風にラインがたなびいた。

そりゃぁ、無理だわさ。
0.8号PEに2500番のシャロースプールのドラグ、、、、では。
脳裏にこびりついたやつの背鰭の残像に、そうそうに砕け散ったアドレナリンの行き場を無くした。

このやるせなさをカマスにぶつけてみたのだが、どうも一夜明けての干物がやけにショッパイのであった。
[PR]