開いた口が塞がらない

風速6mは許せるものの、やはりうねりが強く、波高もそら恐ろしいぐらいで。
大波の間隙をぬってキャストするものの、流れにラインがもまれてトレースラインが確保できない。
夜明けと同時に1回だけアタリがあったが、フジツボトラップに引っかかってタイプ2が逝ってしまった。

折れる気持ちとは裏腹に、きびすを返してルアーへ望みを託した。
b0049180_13193541.jpg

サラシの脇からの魚信を確実に捉えた。
魚種がいまいち分からないが、とにかくよく潜り、よく飛んだ一尾であった。
その後もショートバイトが数度あったものの、なんとかランディングできたのは我ながら上出来である。

再度、ラインを交換してフライで挑みたい気持ちもあったが、ライン喪失のショックもあり、迫り来る睡魔のせいもあり、午前一杯で竿をたたんだ。

b0049180_1325299.jpg


今日はよく波をかぶった一日であった。
[PR]