カテゴリ:塩水ゲーム( 95 )

タイイングはオフシーズンの代表的マニュファクチャーなのであるが、塩水ゲームを始めてから、毎日がタイイングディとなっている。
シーバス用に#4のステンレスフックを。
メバル用にチヌ針2号~4号を使い、あれこれ、ベイトを模したフライを生産する。
最近、編み出した(大袈裟ですが)フライ。
小イカにも見えるし、シラスにも見えちゃうかもフライ。
テール:白のラビットファー+蓄光フラッシャブー
ボディ:蓄光シート
目玉:チェーンボール

ウェイトテッドは、フォールやシャクリで喰わし、ノンウェイトはスローリトリーブで誘い釣り。
このとき、水抵抗の少ないボールマーカーが、棚キープとアタリ取りの役割をする。
[PR]
じゅ~っう!

一夜の秋風が作り出す、旨みと命に、合掌。
b0049180_15445034.jpg

[PR]
割と小骨が多くて、さばくのが面倒と言えばメンドウです。
b0049180_15424113.jpg

[PR]
これは、リリースサイズです。
b0049180_15405797.jpg

[PR]
とうとう、ブログに手を染めてしまいました。
拙HPの更新も、倦怠期の夫婦よろしく、まったく手が付けれない状態です。

今シーズンの渓流フィッシングが終わって以来、初めての塩水ゲームに挑戦しております。
が、なかなか一筋縄ではいかない、厳しい釣りなんだと、渓流よりストレスが溜まっちゃっています。
と言いますのも、セイゴ(はやくフッコサイズを)に弄ばれていまして、今もって#8ロッドを心地よくのしてくれる魚に出逢えていないのです。
慣れないリトリーブの釣りなので、近頃では疲れてしまった。
そういうときには、マーカーフィッシングでメバルに相手をしてもらっています。

たまに、、、、煮付けたりしますが。b0049180_14324116.jpg
[PR]