「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:竹竿 考( 9 )

今回のお宅は、某県単身赴任中のゴギ橋さんです~♪

ワ 「いや~、なんとも狭い部屋ですねぇ。ん、んっ、何か匂いますよぅ」
ゴ 「あのぅ~おたく誰ですの?」

ワ 「匂いの元はトイレでした。色調と言い、手狭さと言い、まさに単身赴任者にうってつけです。
くたびれた造花やパズル絵なんかも無いところが、男気を感じさせますね」
ゴ 「あのぅ~だから入ってくんなって・・・」

b0049180_18381077.jpg

ワ 「おおっと、天井から何かが垂れ下がっていますよ。ご主人、あれは一体何ですか?」
ゴ 「バンブーロッ・・・」
ワ 「なるほど、なるほど、まるで換気口のツララのようなオブジェでございますな。」
ゴ 「いや~オブジ・・・」
ワ 「くんくん、白銀に囲まれたような、そんな雰囲気を醸し出しているこの芳香」
「ちょっと、匂いは強めですが、いい雲古をぶっ放すにはこれぐらいが良いってことですかね」
ゴ 「何・・・!?だからウレタンニスだって・・・」

ワ 「なるほど、なるほど、では試しに便座に座ってみましょう」
ゴ 「お願いだから、帰ってくんない?」
ワ 「ふぅ~、実に良いですね。見上げるとツララのオブジェが落っこちそうで」
ゴ 「帰れ~!」
ワ 「あれぇ。ちょっと便意を催してきましたよ」
ゴ 「カ・エ・レ・~・ッ」

「ゴトン、、、ジャ~」

ゴ 「帰ってくれませんか・・・お願いですから。」
[PR]
by gogihashi | 2005-03-10 18:38 | 竹竿 考
うなじに冷気を感じ深い眠りから覚めた。
窓越しから見える万物は、粉雪を被り、いつもより冷たい朝を迎えている。
マイナス3度のモーニングコールに、温床を抜け出した。

ふらつく足元に削り上げて、放り出していたバンブーの一片。
【↓佐酒さんロッド】
b0049180_12475282.jpg

踏まなくてよかった。
そんな奴、おらへんやろー!
[PR]
by gogihashi | 2005-02-21 08:27 | 竹竿 考
タイトルには他意はございませんが、今年2作目のロッドが完成しました。
Orvis5ft。
5ftロッダーズ隊長のよねさん御用命でございます。
オレンジスレッドにマッチしたロッドケースも作成中。
「ちびあまご」がすっ飛んでいくほどのファストアクション&ビンコビンコロッドなり。
b0049180_2223584.jpg

[PR]
by gogihashi | 2005-02-16 22:02 | 竹竿 考
ビルディングパーツが届いたので、早速、四角ロッドに取付けてみた。
b0049180_11502933.jpg

オリジナルのテーパー(ヤングのミッジ)を六角から四角に単純変換したもので、案外軟らかい仕上がりになりました。
六角ミッジのアクションがどのようなものなのかは、熟知していませんが、この四角ロッドはバットフェルール付近からティップにかけて放物線状に曲がるアクションでした。
まぁ、これはこれで「良い」のだと・・・
ちなみに、#4ラインで15ヤード以内ってところでしょうか。
あと、四角ロッドの短所である、キャスト時の空気抵抗(六角より抵抗面積が大きい)と風切り音ですな。
やはり、、、、
  「ブウォ~ン」
  てな、感じです。
[PR]
by gogihashi | 2005-02-05 11:53 | 竹竿 考
そこは、自作狂の修羅場であった。
窓際族のブランクは、5ftロッダーズ切込み隊長こと「よねさん」家へ嫁入りするもの。
箱入り娘は、毎晩オイル拭きにて鍛えられている。(あ~、ウソウソ)
b0049180_16565131.jpg

後は、苦手のラッピングとウレタンお化粧です。

さて、お次は、、、
b0049180_16582428.jpg

ああっ、変なもん発見!
[PR]
by gogihashi | 2005-02-01 16:59 | 竹竿 考
先週から5ftロッダーズ御用達のニューロッドと、携帯性重視6ft3inの四角ロッドの製作に没頭。
いつもの週末なら、昼前までぐっすりとアルファ波をだしつつ惰眠をむさぼっているはずであるが、今朝は早起きして、接着をすませました。
フェルールとガイド類を注文すれば、あとは乾燥を待つのみです。

問題としては、、、、、
どうやって四角ロッドにテーパーをつけようか・・・
と。
重要かつ壮大な問題点でもある。
[PR]
by gogihashi | 2005-01-23 17:24 | 竹竿 考
年の瀬の慌しい中、如何お過ごしでしょうか?
わたしは、多忙の中、こうして掃除もせず、賀状の準備もそこそこに、2004年の締めくくりにあたり、ニューロッドをフリフリしております。
b0049180_1135950.jpg

More
[PR]
by gogihashi | 2004-12-29 11:53 | 竹竿 考
カーテンレールにぶら下がる、完成待ちのブランクです。
右から、
 トンキン 5ftのティップ、バット
 真竹 レナード
しかし、5ft(テープしていない方)のグリップですが、ちょっと隠微なフォルムとなっております。
b0049180_145528.jpg
[PR]
by gogihashi | 2004-11-27 14:05 | 竹竿 考
バンブーロッドに傾倒して、早4年が経ちました。
素人にちょびっと産毛が生えた程度の知識と、持ち前の無計画な性格から生み出されるロッドは、いかにも「手づくり」的である。
さながら、吊るしの背広並の貧相さであるが、我が子を溺愛するがごとくの愛着がある。

今回、初めてトンキンという竹を用いた。
真竹とてんで違う性質に驚いている。
 ・ なにせ硬い
 ・ 繊維が密すぎて、ヒートガンの熱が伝わり難い→曲げ難い
 ・ 水分が少ない → これは竹の種類というより保管状態の違いか?
 ・ 焦げる匂いが若干甘め

どんな竿に産まれてくれるか、非常に楽しみである。
[PR]
by gogihashi | 2004-10-22 10:08 | 竹竿 考