カテゴリ:ココロジー( 23 )

更新頻度も低くなってしまいましたが、引き続き今年もよろしく御願い致します。
b0049180_1023434.jpg

[PR]
隣町では土石流による甚大な災害が発生した。
ここ山口市内も午前中の豪雨により、河川が氾濫寸前まで増水し、一部家屋が浸水する状況にまで陥った。
雨水幹線の集排水機能を上回り、側溝からは逆流した濁流が道路を覆った。
b0049180_19214491.jpg
b0049180_19215557.jpg
b0049180_1922569.jpg


ゲリラ豪雨という言葉が日常化しつつあり、これも地球温暖化による現象なんだろうか?

被災された方のご冥福をお祈りいたします。
[PR]
b0049180_17554269.jpg


仕事中、あまりにも暇だったのでつい、ポチリと。

まぁ、「当らずとも遠からず」ですね。
[PR]
新春のお慶びを申し上げます。
休みボケで仕事嫌悪に陥っているわたしにとって、メバルはやはり癒しの魚なのです。
ケミホタルマーカーの誘いでピクッと。
b0049180_22533672.jpg

今年はどんな年になるでしょうかねぇ。
拙いブログは例年並の更新になりそうですが、どうぞ末永くお付き合いください。
[PR]
今年も多くの出会いがあり、また信じられないような魚種にも対峙でき、拙FFMとして非常に実りの多い年でありました。
これから、やっと冬らしく、外気が凍るとのこと。
皆様方におかれましたは、風邪などを召されず、内に外に幸多きことを御祈りいたします。

さて、本年最後のエントリーにふさわしいか、どうかはさておき、かねてから話題にあげておりました「小林重工の釣新世紀2」のDVDが到着しました。
GW明けのすえず運河でロケを敢行した、「ばっちい水のソウギョ釣」での艦長と謎の巨大魚との壮絶なるファイトシーン。
プロト30尺竿が三節棍のように破壊されながらも、竿のしなりを見事にコントロールする匠の技には、釣法を越えた、釣り原点における愉しみなり、武士道なり、を垣間見ることができる。
実に素晴らしい映像であることは間違い無い。

来年は原点に戻り、釣りの愉しさを再発見できれば良いなぁ・・・などと感ずる次第であります。

それでは、また来年。
エエお年を!
[PR]
Led Zeppelinをガンガン聞きながら、

山田史生著 「寝床で読む『論語』」を読む。

~これが凡人の生きる道~と副題にあるように、確かに古典中の古典である論語を主題としているもの、一塊の堅苦しさは見当たらない。
いや、実のところ、大学教育学部の教授であるにもかかわらず、文体そのものはイマフウの流れである。
諸所に散りばめられた薄い言葉に寒気がするが、それはわたしが論語というものに構えてしまっているからだろうか?

買ってから失敗したなぁ、と久しぶりの空振り三振で、より一層、ペイジのギターが沁みる夜です。
[PR]
早いもので、またまた新年を迎えてしまいました。
ことしは戌年であります。
そして30代最後の年にもなります。
不精な性格ゆえ、ブログ更新、HP管理においても低調というマイペースを保ちつつ日々過ごしていくことになりそうです。
皆様方、何卒、ご指導のほど、よろしくお願いいたします。

さぁ~て、メバル行くぞ!メバルゥ・・・
[PR]
12月に入り、思う存分釣りができず、とうとう頭から白煙を上げてしまった。
行かなければ・・・メバルへ。
やっと寒波が通り過ぎ、毎夜の強風も収まった今夜、メバル牧場へ出かけてみた。
満潮を迎えた漁港は、小波が立ち良い塩梅の潮でしたが、透明度が高過ぎるのが裏目に出たようだ。
表層のライズはもとより、ドン深でもコツッとも言わず。
さすがにこの時期、潮の状況を読みきらないと、まったく釣りにならないことを痛感し、いつしかフライロッドからルアーロッドを手にしていたのである。
2gのヘッドにワームという、海釣り入門タックルに食らいついたのは、トラハゼであった。
ハゼの口からフックを外し、防波堤のコンクリート上でグニョグニョとうねるハゼ。
「ニャ~」の声に振り向く暇なく、ぶち猫にハゼを奪われてしまった。
軽快に逃げ去るぶち猫君へのちょっと気の早いお年玉。
さて、今年はこれでお仕舞いですな。

みなさま、良いお年をお迎えください!
[PR]
明け方からの冷え込みで、目覚めれば辺り一面とまではいかないが、薄っすらと雪化粧の景色。
慌しい週頭ということもあり、バタバタと一日が終わろうとしている。
今日は新幹線に乗った。
久しぶりに高速大量輸送手段を利用したわけだが、雪の影響(いやどっかの線路でボルトが欠落したとも)が原因の遅延運転。
こだま号が停車するたびに車掌さんのわびる声。
ビジネスマンが腕時計を見やりつつ、ぐぅと唸っているが、一分一秒を争う企業戦士とでも言うのだろうか、どこか悲哀めいた白髪頭が印象に残った。

あぁ、わたしも白髪が増えたねぇ。
子供達は元気だろうか・・・
親父は今日から入院だとか・・・
嫌な事件が多過ぎて同じようなニュースに食傷気味・・・

うつらうつらと現実と夢を行きつ戻りつしているまに、広島に到着した。
ほんの一瞬のトラベラー気分を、構内のサテンの苦いコーヒィーが現実へと引き戻してくれた。
[PR]
気温は30℃を振りきり、一歩ごとに玉の汗を流す。
速乾シャツも、今日の蒸し暑さには役立たずであった。
どこまでも真っ直ぐな林道をバナナを食いつつ登ると・・・
b0049180_2157829.jpg

忽然と・・・
[PR]