カテゴリ:なにげに雑記( 56 )

やはり冬ですな。
今日も西風が強く、しかも乾燥していて御膚が荒れちゃいます。
久しぶりに単独釣行を企てているものの、日本海側は、また荒れるんだろうな。

ヒラの磯に立てれば、それでシアワセ。

サーフで立ち込めれば、それでシアワセ。

ざぶとん釣れれば、、まさにシアワセ。

帰りに温泉につかれば、、なおシアワセなのです。
[PR]
クレヨンしんちゃんのお父さんがメキシコの空港で、ずっとメキシコの空気が吸いたくなって居残っているらしい。

昨晩のニュースで、自称ノハラヒロシさんが御登場。

次女が、「おとうさん、クレヨンしんちゃんのお父さんってメキシコ人なん?」と。
「なになに、意味わからんが」、と振りかえってテレビ画面を見た瞬間、
b0049180_21344994.jpg













まさか、!?
[PR]
流れに沿って頂直下まで林道が併走する川がある。
フリーストーンの渓相で、小さな連爆もある。
河畔林はブナやトチが日差しを遮る、典型的な山岳渓流である。
標高から見てもゴギ域であるが、魚影は全くといっていいほど希薄である。
たまに小さなヤマメが遡行の際に走ることもあるが、ロッドを振る回数と釣果がリンクしない。

ダート道を2kmほど遡り、程よいところで竿を出したが、花崗岩質の母体に流れる水は薄く濁り、底石には薄っすらと粘土も堆積している。

午後3時に竿をたたみ、開けた林道をトレッキングしてみた。
下界から見上げた山頂は、もうすぐそこにあり、源流域に達していることは明白である。
しかし、流れに目を凝らしても、ゴギどころか、魚ッ気が感じられない。
「解せない川」であった。

帰宅して地図を確認すると、脱出地点からさらに上流1kmで谷の分岐があった。
水量からして、差し込んでくる谷のほうが魅力的だなぁ、と想像したのだが、多分二度と行かないだろう。

本当に解せないので、誰か調査してみてくれないかなぁ!?
[PR]
いかんいかん・・・
ネットサーフィンしてると、意思に背いてついついボタンを押してしまう。
病じゃ。

マダラ模様の鳥の羽
やら、
カリカリ音のする糸巻き
やら、
妖しくピカる繊維
とか。

病じゃ・・・
[PR]
いままでのスペイキャストは何だったんだろう?
土日にわたって習ったことは、実釣キャストなのだという事実。
キャスティングのためのスペイにあらず、フィッシングキャストにならずして何がスペイなのか・・・
教祖の教えのすべてが理解できたわけではないが、次ぎのステップに右足を乗せたことには違いない。

b0049180_19555691.jpg

週末の貴重かつ濃厚な講習会でありました。
[PR]
1から始めるスペイキャスト。
先週末、岡山に出向き、その道の巨匠に教えを乞う。
体のひねりを意識して練習を繰り返す。
とくにリフトからスウィープ、アンカー打ちがきちんとできないのが悔しい。
意地になって上半をひねり過ぎて、、、
週明けの2日間、えも言えぬ胃痛で苦しみましたです。

何事も意地になるのは禁物です(泣)。
[PR]
リフト、、、スイープ、、、フォワードキャスト、、、

バチン。  ほへぇ?

フォワード、、、

バチン。  ほへぇ??

Cバスの居つくナイター干潟練習場にて、ウィンドカッター7/8/9でのスペイキャストを練習してみた。
誰かがわたしの後方で爆竹を鳴らすんです。
当然、ラインはへなへなと空をさまよいます。
嫌がらせでしょうか・・・
[PR]
東アジア女子サッカー選手権

ロスタイムでの沢のシュート(?)。。
唖然、、、、カレーライスのじゃがいもを喉に詰らせるところだった。
[PR]
いわゆる備忘録として・・・

催促メールの返信の遅延理由は不明であるが、確認できたのは在庫がなくメーカーから物品を取り寄せていた模様。
これはWebサイトにリンキングされていたライブチャットから問い合わせた結果で判明した次第である。
今朝、USPSから発送準備が整った旨のメールが着信した。
まずは一安心である。
早ければ来週中の到着と思われ、産まれ来る我が子を待ち望む新米パパの心境であるなぁ。

しかし、つくづく思うのだが、英文の翻訳をWebでやると「滅茶苦茶」ですね。
いやいや、笑える訳もあったりして、これはこれでいとおかし。
[PR]
待てども待てどもショップからの返信が来ません。
先週までは我慢しました。
多分、大統領予備選で忙しい(はぁ?)のだろうと。
発注してから10日目。いくらなんでもこれだけ音沙汰無いと不安ですねぇ。
ちゅうことで、ちょいとイラついたメールを送っちゃいました。
どうなることやら・・・
[PR]