<   2005年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

土日の二日間、某ゴギ川のふもとで、山口アングラー達の「夏は目前!ゴギ強化合宿」が行われた。
わたしも参加。
期待一杯詰め込んだベストを羽織り、新緑の源流へおもむく。
そま道を下りつつ、「今日はSyからみの爆釣かぁ~♪」などと、とらたぬをかましながらの釣りあがり。
ところが、予想だにできなかった結果に、各人、首をひねるばかり。
b0049180_20484912.jpg


なぁ~~ぜぇ~~?
[PR]
二度寝をかましてしまった。
昼をすぎてやっとウェーダーに履き替える。
はじめて入る流れであり、入渓と脱渓ポイントを押さえてから、準備を進めた。
b0049180_223239.jpg

上空が開けており、落差もない流れでもちゃんと魚が居ついている。

ほうほう、それで・・・
[PR]
本流の流れ込みにウェットを投じた。
あたりには、ヒゲナガやらモンカゲが乱舞しており、こちらも気合十分だったのだが、数箇所巡り、やっと本流アマゴに出逢うことができた。
0.8Syの体高のある一尾でした。
ランディングの際に、ラインが絡み合ってて、それがストリッピングガイドに引っ掛かり、もう少しでブレークする寸前でしたが、さすがにフロロの0.8号なり。
b0049180_2222219.jpg

[PR]
GW中、中日の一日だけ釣りに行って来ました。
昨年の台風による豪雨の爪痕が非常に凄まじいさまに、今さらながらに驚愕しております。
倒木やら斜面崩壊は随所に見られ、頭上にオーバーハングした、今にも倒壊しそうな老木など、釣りを成立させる以前に背筋に冷たいものが流れ落ちるような場所もありました。
もっとも凄まじき惨状は、
やはり多量に流出した土砂であります。

ひげながの巣がびっしりと床を固めていた、ある河川。
春の、雪代の収まる頃にはヤマメのライズが取れる川でしたが、いまではひげながどころじゃなくなっていました。
もともと、土砂を供給する山体が凝灰岩を主体としたもので、浸食に対して脆弱であり、その手この手の砂防施設だらけの川でした。
その施設区間が、まるで整備したての海浜公園の様相を呈し、死の川に変ぼうした様に唖然となりました。
まるで、、、
   キスを釣っている感覚に陥りました。
      当然、、、
         カワムツすら釣れません。

もとに戻らぬ自然、今後、この川がどのような履歴を重ねていくのか。
忘れ去られる川となってしまうのでしょうか?
[PR]
どこも足跡だらけで、入渓のたびにため息ポロリン。
なにげなく車をとめ、下方を見やると、、、
   ライズ
      しめしめ。

えんやこらと斜面を下り、ライズを取る。
ニンフをたらふく食った20cmの綺麗なアマゴでした。
そして、、、またえんやこらと斜面をのぼる。

たらの芽同様、ほんのり苦いGW釣行でした。
[PR]