<   2005年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

12月に入り、思う存分釣りができず、とうとう頭から白煙を上げてしまった。
行かなければ・・・メバルへ。
やっと寒波が通り過ぎ、毎夜の強風も収まった今夜、メバル牧場へ出かけてみた。
満潮を迎えた漁港は、小波が立ち良い塩梅の潮でしたが、透明度が高過ぎるのが裏目に出たようだ。
表層のライズはもとより、ドン深でもコツッとも言わず。
さすがにこの時期、潮の状況を読みきらないと、まったく釣りにならないことを痛感し、いつしかフライロッドからルアーロッドを手にしていたのである。
2gのヘッドにワームという、海釣り入門タックルに食らいついたのは、トラハゼであった。
ハゼの口からフックを外し、防波堤のコンクリート上でグニョグニョとうねるハゼ。
「ニャ~」の声に振り向く暇なく、ぶち猫にハゼを奪われてしまった。
軽快に逃げ去るぶち猫君へのちょっと気の早いお年玉。
さて、今年はこれでお仕舞いですな。

みなさま、良いお年をお迎えください!
[PR]
先週末、広島にて忘年会がありました。
久しぶりに会社行事にも出席しないと、存在を忘れられてしまいそうで、まぁ、仕方なく出たわけですが・・・

夕方から猛烈な降雪に見舞われ、ほろ酔い加減で入ったBar。
気がついたらアメリカンな方達とビールを飲んでおりました。
何をしゃべったのか、どうしてこぶしを振り上げ踊っていたのか、なぜなぜ?、となりの女性は誰?
店を出たのが明け方5時。

駐車場の車は白くて分厚い結晶に埋もれていました。
わたし、、、、その中で寒く浅い眠りに就いたのです。
プチ記憶喪失な週末でした。
[PR]



     最近、長州小力に似てきた・・・


     一体、どのDNAなんだろうか?


     なぞですが、似ているのです。
[PR]
明け方からの冷え込みで、目覚めれば辺り一面とまではいかないが、薄っすらと雪化粧の景色。
慌しい週頭ということもあり、バタバタと一日が終わろうとしている。
今日は新幹線に乗った。
久しぶりに高速大量輸送手段を利用したわけだが、雪の影響(いやどっかの線路でボルトが欠落したとも)が原因の遅延運転。
こだま号が停車するたびに車掌さんのわびる声。
ビジネスマンが腕時計を見やりつつ、ぐぅと唸っているが、一分一秒を争う企業戦士とでも言うのだろうか、どこか悲哀めいた白髪頭が印象に残った。

あぁ、わたしも白髪が増えたねぇ。
子供達は元気だろうか・・・
親父は今日から入院だとか・・・
嫌な事件が多過ぎて同じようなニュースに食傷気味・・・

うつらうつらと現実と夢を行きつ戻りつしているまに、広島に到着した。
ほんの一瞬のトラベラー気分を、構内のサテンの苦いコーヒィーが現実へと引き戻してくれた。
[PR]