<   2006年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

春間近の気温に浮かれ、日本海へ出向いたものの、木の葉メバルとハゼどん1尾に終わる。
黄昏に近づくと一気に冷気が辺りを包み出す。
まだまだ春には昇華していない天候を恨みつつ・・・

明けて日曜日。
すっかり寝坊し、部屋の片付けをする予定をキャンセルし、瀬戸内海へ。
今日は曇天、大潮、おまけに昨晩の降雨で薄濁りの海況なれど、到着時は干潮間近で強風に悪態をつく。
しばらくメタルジグの遠投、シャクリで時間を潰したが、係留船の足元で1バイトあったのみ。
速攻リリースサイズでも、久しぶりの昼メバルにニヤけた頬。
そこへ、作業服姿のおっちゃん登場。
「ほぇ、フィッシングじゃのぅ」
「・・・?、ええ」 (なんじゃ、フィッシングって?)
「そりゃぁ、ようけぇ、釣れるんかのぅ」
「あんまり、釣れんし、結構高いんですよ」
「ほぇ、○△×?・・・¥1・・・」
「・・・・はぁ。」
とにかく方便がキツイ上に仕舞には分けのわからんことを言い出したので、その場からそそくさと逃げることにした。
分かったことは、餌=釣りであって、ルアー=フィッシング ってことか・・・
間違いではないが、トーキングおじさんをお相手するほど暇ではないので、堤防の先端まで移動した。

やっと日差しが覗き込み、風も時折、静まる。
鏡になった部分の海面を注視すると、捨石の間からワラワラとメバルが沸いて出た。
時は上げ潮1分ってところで、やっと活性が上がったと見て、メタルジグから0.5gのワームに変更した。
これがドンピシャはまり、1キャス1ヒットの入れ食い。
表層を引けば小型のメバルが寄ってくるが、その下位、50cm~1mほど沈めてスローに引くと、20cmクラスが釣れた。
スレないように広角にキャストしたものの、わずか30分の時合いであった。
その後は、ワームのトレーラーにフライを結んでみたり、底をノッキングしてみたが、パタリと反応が無くなり、終了。

満潮まで粘りたかったが、腹が空いたのでメバル2尾を〆て帰宅するのであった。
[PR]
昨年に出来た庄原の管理釣り場へ行って来ました。
まさに管理された釣り場である。
休憩小屋、東屋、浮き桟橋に身障者エリアなど。
見るにも新しい釣り場である。

ポッカリと空いた土曜日は、時折柔らかい日差しも差し込む暖かな一日であった。

薄く濁った湖面には、回遊するニジマスや、小型のヤマメらしき魚が時折ライズしている。
到着後、しばしドライフライを投じたが、魚からは発見しにくいのだろうか。
一度、水面下でギラッと反転したのみの反応に、すぐさまマーカー釣りへとシフトした。

意外にもヒレピンの魚が多いのには驚いたのだが、背中にタグをくっつけたニジマスにもびっくりしたり・・・
スタッフによると、タグ付き魚は、一日券無料とのこと。
ナンダ、、、リリースしたがな。
↓これはヤマメだと思うのだが、如何でしょうね?
b0049180_2019313.jpg


変なフライを咥えておりますが、別アングルで。
b0049180_20224945.jpg


3時ごろから1キャスト1フィッシュ状態に突入した。
圧巻は、足元にポイッとフライを垂らし、ガイドに絡まったラインを解こうとしてロッドティップを手元に寄せた瞬間に、「ガブブッ~」とラインをもって行かれ、慌てて左手でラインを手繰ったり。
久しぶりに右腕が張るほどの釣りを堪能しました。
スレないフライと、繊細な当りを取れるマーカーのお陰、&Furuさんの進言があったからこその釣果だなぁ。
[PR]
久しぶりに散髪へ行ってきました。
店はいつもの3Qカットです。

「どのようになさいますか?」
「後ろと横を短く刈り上げて、上は立つぐらいに」
「かしこまりました」
ちょき、ちょき、ちょきと軽快な鋏さばきと、美容師おねいちゃんの微香。

早い、安い、上手い、の3Qなのですが、、、
欠点と言えば、カットしてくださる美容師の方が毎回同じとは限らないこと。
すなわち、出来あがりのフォルムに一貫性がないのであります。
まぁ、これはこれで、どんな髪型になるんだろうか?と言うリスク混じりの愉しみがあるわけでして・・・

10分後、、、自分、エイちゃん(世界のEIZOではない)のようになりました。
もう、片手にビールビン持って、サイコウっす!と叫びたい気持ちですが、かなり寒いです。
[PR]
なにげに小難しいことを言っておりますが、単なる備忘録に過ぎませんので、あしからず。

メバルの体温と表面水温から見た、とりとめの無い傾向。

 ・ 表層およびその直下でライズしている個体の体温は表面海水温と同じである
 ・ 概ね7℃以上になるとベイトを追ってライズする
 ・ 風を受けると表面海水温が下がり、魚は沈むが序々にである
 ・ 3℃では潮が澄み過ぎて生態反応皆無
 ・ 8℃以上の大潮では、多毛類、甲殻類が盛んにハッチ(?)する

現段階で考えうるところは上記のごとくであるが、はたしてこれが、万事、万物に適応するものかどうかは不明である。

ちなみに今夜のメバルは6.8℃の5cmが2尾でした。
わたしの心は-20℃です(ガ~ンッ)。
[PR]
白魚などの小さなベイトを捕食するメバルに対して、白色のゾンカーやマツーカなどを試していましたが、やっと自己満足するフライが出来あがりました。
メルティーヘアーを用いたところ、白魚の透過性や、やわらかな動きがそれとなくマッチしているのです。
b0049180_220590.jpg

それに、水になじみやすいことも特筆すべき点であるが、この手のフライはマテリアルがフックに絡みつくのが難点。
そこで、アンダーテールとして、マテリアルの細さと張りに定評のあるエンリコファイバーを少々。
b0049180_2204041.jpg

ワームにスレたメバルにも効きそうです。
[PR]
高速道路は冬タイヤ規制。
うんうん、それは分かっておる!

道路の温度表示はマイナス2℃。
それも分かっておる!

日陰のコーナーはトリノのスケートリンク。
なるほど、良く滑るわなぁ!

久しぶりの湯原にウキウキしながら、浮きをながめやると・・・
ピコン!と小さきモノの答えが返る。
が、寒さに歯をガチガチ言わせつつ頑張ったものの、わずか3時間でリタイヤしました。
↓営業部長はもとより、宴会係長にすら居留守を使われてしまった。
b0049180_1994873.jpg


どうしたんだ、湯原レインボウ。
ちゅうより、やはり冷え込み過ぎでした。
[PR]