<   2006年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ふもとの藤の花は、やっと淡紫色を呈しているのだが、源流へ向かうにつれ、周りの色彩は薄紅色に変わっていった。
まだ山桜を残す山肌は、これまた淡い緑色の葉がか細く、でもこれからの色彩の主役であることを主張しているかのように遠路からの友を迎えてくれたのである。

今期初の源流に、是非ゴギを釣ってもらいたくて入り込んでみたのだが、キリリと冷え込んだのは外気のみならず、源頭より流れ出る清々とした流れまでをも冷え込ませていた。
5分と手を入れておけないその流れで、生命を感じ取ることもなく、よ~く冷えたビールを空けると伴に、隣の谷へ、文字どおり「尻尾を巻いて」逃げ出したのである。

b0049180_145312.jpg


5回の裏、いまだ完全試合中・・・
[PR]