<   2006年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

産卵を終えたチヌのコンディションも良くなり、それにキビレも混じる。
ここ広島市内河川は、Mリグによるチヌフィッシングが大流行り(かな?)。
誰彼となく、日夜、河床をゴリゴリ、、、マキマキ、、、

やはり広島は魚影が濃いです。
満潮までの1時間ちょっとで、キビレ1枚とチヌ2枚。
そのうちのジャイアンがこれ↓。
b0049180_12473091.jpg

[PR]
久しぶりの輻射熱を浴び、梅雨明けの晴れ晴れしい気分。
今日からクールビズなるもので出社したが、何時ものネクタイ絞首状態からすれば、なんとも言えない開放感、といいますか清涼感がありますなぁ。
しかし、一度社屋をいずると、
 あっちぃ~のぅ・・・
能率の上がらぬのを暑さのせいにして、今日は早退して太刀魚でもやっつけようかね。

そうそう、禁煙3週間目に突入しております。
正確にはニコチンを皮膚から摂取しているのですが、煙を欲するという衝動には勝てています。
しかしながら、長きに渡る習慣とは恐ろしきもの。
○○した後   とか、
○○しながら  とか、
プカリと吸っていた所作を体が覚えているのです。
ライズを待ちながら  とか、
フライを結び終えた とか、
あの滝を巻いたら  とか、
プカリ、プカリと紫煙の誘惑が・・・あぁっ!
[PR]
いわゆる陸地と島との海峡、までもいかない水道と称するほうが妥当な某所にて。
昼過ぎの干潮を見計らい、チヌのトップゲームに興じた。
水道の中でももっとも狭い鉄橋のたもとで、メインの流れの反転流に投じたポッパー。
複雑に縒れる流れに負けないよう、十分なポップ音を与えつつも、食わせのポーズからショートダイブを交えると、たまらずライズしてきたのは、手のひらサイズのチヌであった。
b0049180_19541117.jpg


水深も膝下程度の干潟である。
再三、追走するもバイトに持ち込めたのが3回。
内、明らかにSyオーバーと思われるチヌ(キビレかも?)のバイトには、ちびりました。

ポッパーの有効性と、釣れる条件を確信した一日であったが、、、
、、、、フライのポッパーには見向きもされませんでした。
これは、熱くなりそうです。
[PR]