<   2008年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

息をするのも億劫になるほどの酷暑です。
こんな週末は、クーラーの真下でキリッと冷えたビールをぐびりながら、小説でも読んだほうが健康的かもしれない。
しかし、右脳の片隅では、巻き返しのゴギ部屋へウェットを流し込むことばかりを考えていたり・・・

片道3kmを一人で釣り上がってみた。
反応が悪いようだが、そんなことをいちいち気にしてられない。
だって、、、暑いってもんじゃねぇ。

b0049180_19392018.jpg

林道終点付近の浅瀬で0.8Syのゴギが出た。
フライはモットルドターキークイルの#10。
この一発で体細胞が清涼感に満ち溢れる。
午後4時をまわり、陽光が峪に注ぎ込まなくなったところで、森林サウナから脱出した。

また、来週。
b0049180_19394517.jpg

[PR]
いやぁ~、実に暑い連休でした。
冷や汗かいて、ゴギ釣って、キャス練してたら、、筋肉痛でした。
ロストしたアレキサンドラを巻きながら、残り僅かな渓流シーズンに何を思う。
b0049180_20504874.jpg

ん?チヌか・・・
[PR]
暑苦しい日々が続きますが、御体の具合は如何でしょうか?

わたしは週末のチヌ釣りに向け、獣毛を針に巻きつけております。

ポッパーも仕込みたいのですが、あいにく不器用なうえ、生粋の不精者なので今回はノーエントリーであります。

週末、なにやら広島ではチヌ釣り大会が催されるようで、多くのアングラーで河口域は賑わいそうです。

さて、どこ行こうかな。

貴殿はどこ行かれますか?

源流ですか。

そうですか。

虫に御用心くだされ。

でも、、、、台風が接近してますよ。

そうですか。

行っちゃいますか。

土砂災害に御用心くだされ。

かしこ
[PR]
暑い夏を乗り切るには、そう、彼に逢わねば。

先行者二名の後追いになったものの、律儀な彼らは、心に幾つもの傷を負った釣りバカを癒してくれる。
先行者も律儀なのか、開きのゴギ部屋はノックしていないようで、ウェットを引っ張れば必ずと言っていいほど答えが返ってきた。
天空へ向うゴーロ帯の住人達は、さびを残していたり、オレンジ色のおなかを見せびらかしていたり。
釣りバカは御尻の筋肉痛を訴えて仕事をキャンセルしたい、そんな週明けでもあった。
b0049180_2035737.jpg

[PR]
難しいのはわかっている。
でも目の前でボイルする魚を見て、ホッタラカシにするほど人間ができていないのである。
スペイで無魚って、インタミのシューティングで無魚って、今夜はフローティングラインでのオーバーヘッドキャスト(ダブハン使用)で挑んでみたものの、やはり・・・であった。
どうもサヨリの稚魚(5、6cmほど)に御執心なようで、何投げてもバイトすら無い状態に、頭から湯気がでました。

最近、水産卸業者に職換えした吉備の国の御仁?に感化され、水面直下サスペンドのペンシルフィッシュをタイイング。
さぁ、明日にかけまする。
[PR]