<   2008年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

風速6mは許せるものの、やはりうねりが強く、波高もそら恐ろしいぐらいで。
大波の間隙をぬってキャストするものの、流れにラインがもまれてトレースラインが確保できない。
夜明けと同時に1回だけアタリがあったが、フジツボトラップに引っかかってタイプ2が逝ってしまった。

折れる気持ちとは裏腹に、きびすを返してルアーへ望みを託した。
b0049180_13193541.jpg

サラシの脇からの魚信を確実に捉えた。
魚種がいまいち分からないが、とにかくよく潜り、よく飛んだ一尾であった。
その後もショートバイトが数度あったものの、なんとかランディングできたのは我ながら上出来である。

再度、ラインを交換してフライで挑みたい気持ちもあったが、ライン喪失のショックもあり、迫り来る睡魔のせいもあり、午前一杯で竿をたたんだ。

b0049180_1325299.jpg


今日はよく波をかぶった一日であった。
[PR]
やはり冬ですな。
今日も西風が強く、しかも乾燥していて御膚が荒れちゃいます。
久しぶりに単独釣行を企てているものの、日本海側は、また荒れるんだろうな。

ヒラの磯に立てれば、それでシアワセ。

サーフで立ち込めれば、それでシアワセ。

ざぶとん釣れれば、、まさにシアワセ。

帰りに温泉につかれば、、なおシアワセなのです。
[PR]
クレヨンしんちゃんのお父さんがメキシコの空港で、ずっとメキシコの空気が吸いたくなって居残っているらしい。

昨晩のニュースで、自称ノハラヒロシさんが御登場。

次女が、「おとうさん、クレヨンしんちゃんのお父さんってメキシコ人なん?」と。
「なになに、意味わからんが」、と振りかえってテレビ画面を見た瞬間、
b0049180_21344994.jpg













まさか、!?
[PR]
しまなみの某所での極寒ウェーディング我慢大会を開催いたしました。
開催といいつつも、常日頃ネットでお世話になっている釣りバカ友達の集いであり、少数精鋭にして、コンクでディープな一時となりました。

いつもは一人で、よくても二人釣行が常で三名以上が集うと、日常から逸脱した開放感からか、貧果でも楽しく、また寒くても元気なのである。

本日のスケジュールは、今期は接岸が遅れている太刀魚から始めることにし、集合予定時間を待たず、目的の島へと渡った。
2カ所目で浮きシーバスを発見したものの、全く相手にされない。
外気温を大きく上回る海水から立ち上る蒸気が幻想的で、見とれていると水面に吸い込まれそうになる。
いや、吸い込まれたらまずいわけで、misagoさん御提供のコーシータイムへ。

刀の気配はもとより、ベイトっ気がないため、さらに橋を渡りかの地へ。
ここではOritaさんのビッグソードを皮切りに、これは入れ食いパターンじゃ、と息巻いたものの、夜明けの変なおっさん登場までの間で、わすかに数バイトのみ。
わたしの指3本とビッグソードの2本のみの水揚げであった(2本は我が家の胃袋へ)。
ストマックは最長7cmのカタクチイワシでした。
b0049180_1615297.jpg


b0049180_16181258.jpg


満潮夜明けを迎え、次なる干潟チヌに備え、1時間ちょっと仮眠をとった。
寝起はmisagoさん御提供のコーシー&ブレクファーストタイムへ。
食後の会話もひんやりとした外気(確か7℃ぐらいだったか)に負けないほど熱いものだった。

つづく?
[PR]
11月22日(土曜日)、しまなみウェーディング我慢大会
詳細につきましては、後日、参加者の皆様にメール致します。
ただいまのところ、わたしを含め3+1(未定)名ですが、わしも混ぜろ!とか、オレ抜きで浸かるな!とか、どうしても冷い海水を我慢してみたい御仁がいらっしゃいましたら、メルアド付きでカギコメしてください。
あ、大げさは大会じゃなくて、あくまでも懇親の意味合いですので、ウェーディングは半強制的です。
注)木曜日一杯で締切ります。
[PR]
海フライに欠かせない(と思っている)目玉。
市販の3Dアイやシールアイも良いけど、最近はこれで量産しています。

b0049180_22103370.jpg

レーザーシールを・・・・・

b0049180_22124534.jpg

ほいほいほいっとカッティング。

b0049180_2214634.jpg

メンズネイルカラー(100均)で男のオシャレを。。。

b0049180_22155987.jpg

フライにアイを張りつけた後にネイルカラーで黒目を入れるのが正しい手順。
「あ”、気泡が入りまくり」っていう、つっこみ不可!
[PR]
by gogihashi | 2008-11-11 22:18 | アイテム
予報では約1mの波。
ところが、現実は3m越えの荒波であった。
磯は美味しそうにクリームソーダ色のサラシが出ていて、いかにもヒラスズキ向きなのだが、さすがにこの波で磯場に立つ勇気が出ない(涙)。

サーファーを横目に、大きく払い出す離岸流脇で1枚。
毎度毎度のソゲです。
しかし、今回は流れを読み、タイミングを計り、イメージとおりのキャストが決まった結果で、非常に満足した一日であった。
この1枚のみでしたが、また一つ、サーフの経験値が上がったような気がした。
いや、あくまでも気がしただけです・・・が、サーフのFFってはまるねぇ。
b0049180_19505612.jpg

↑ベイトは4cm程度のシラス(?)。
フライはピンクバックのスクーリーでした。
[PR]
今年のしまなみ遠征は約1月遅れの中潮であった。
このところ、イカ釣りに少々飽き気味のわたしの無理を言っての同行となったOrita氏と某浜で待ち合わせた。
氏は夜通し、スレCバスと対峙していた模様で、なんだかいつになく眠たい御様子。

さっそく、血税を費やした鋼製橋を渡り、目星を付けていたサーフに到着。
ちょうど干潮を迎えた浜は、静かであるが、どこか生気に満ち溢れていた。
思いのほか遠浅の浜で、底質は細砂主体のどこにでもある「浜」であった。
しかし、河川の流れ込みによる地形変化あり、底質の変移点あり、急深サーフが隣接していたり、ゴロタが少々混じる根もある。
まさに、「チヌが寄る」、「Cバスが回遊する」状況であった。

静かに打ち寄せる波間に立ち、表層からボトムまでをトレースするが、鋭角なコンタクトは得られなかった。
しかし、東の空がモノクロームに目覚めはじめるころ、イワシがなにかに追われ、ボイルが始まった。
Cバス特有の吸い込む捕食音ではなく、激しいスプラッシュを繰り返すボイルであった。
あれこれフライを取り替え、投げては引っ張り、その正体を暴きにかかるのだが、結局なにも分からずじまい。
Orita氏も同様に白煙を上げている。

すっかり辺りが明るくなり、忌まわしきボイルも終焉を迎えた。
近接した湾奥の干潟へ移動した。
b0049180_20384090.jpg


込み潮が早い干潟で、底質はしっかりとしているが、所々にシルトが混じっていて、カニ穴が確認できる。
また、チヌ、もしくはエイがほじくったと思しき穴もあり、かなり期待をして望んでみたのだが、写真の「なんだか訳ありのチヌ」が1枚釣れたのみ。
b0049180_20431951.jpg


迫る潮位に追い出され、午前の部は終了。
午後はエギやミノーを海原へ投じてみたが、干潟や浜でのフライキャスティングのような、心の高揚感は得られなかった。

夕方、下げの地合を期待して、チヌ干潟に出戻る。
しかし、当ってくるのはヘアーサロン「フグターズ」のみで、肝心の銀鱗の当りは皆無であった。

ボゴン!「うぁぁ~!!」。
という、シーンもありつつ、潮止まりまで粘ってみたが、とうとうボトム系のフライが丸坊主にされて泣く泣く終了。
「まぁ。こういう日もあるわなぁ・・・」と吹き出た白煙を仕舞いつつ、帰路についた。

PS:フグターズ対策のフライを試作。
ただし、3投までの勝負(笑)。
b0049180_2050422.jpg

[PR]