新たに二件のブログをリンク。
外部のブログやwebsiteのリンクは、メモ帳で書き込むしかないのか?
タグを書き込みながら、ちょっとエキサイトしちゃいました。
[PR]
「あ~っ、やっぱり。B型だと思った」


ホッといてくれ!
 
 どうせ、
   人のペースに合わせないし、
   意見を聞かないわがままだし、
   無計画だし、
   向こう見ずだし、
   ジコチュウだし、
   偏屈だし、
   オヤヂだし、
   液体水素って言われるし、
   単身赴任だし、


いい加減、血で人を評価するのはカンベンしてくれないか。
   ある飲み屋さんでの出来事を箇条書きでまとめました。
[PR]
メバルは非常に狡猾で目の良い魚と言われています。
表層でライズするメバルを釣るために考えた蓄光シラスフライですが、わずか2,3投で見切られるようになった。
同じ場所で粘ると、ますますこの傾向が強く、最後は何投げても無視されたりします。
[PR]
タイイングはオフシーズンの代表的マニュファクチャーなのであるが、塩水ゲームを始めてから、毎日がタイイングディとなっている。
シーバス用に#4のステンレスフックを。
メバル用にチヌ針2号~4号を使い、あれこれ、ベイトを模したフライを生産する。
最近、編み出した(大袈裟ですが)フライ。
小イカにも見えるし、シラスにも見えちゃうかもフライ。
テール:白のラビットファー+蓄光フラッシャブー
ボディ:蓄光シート
目玉:チェーンボール

ウェイトテッドは、フォールやシャクリで喰わし、ノンウェイトはスローリトリーブで誘い釣り。
このとき、水抵抗の少ないボールマーカーが、棚キープとアタリ取りの役割をする。
[PR]
じゅ~っう!

一夜の秋風が作り出す、旨みと命に、合掌。
b0049180_15445034.jpg

[PR]
割と小骨が多くて、さばくのが面倒と言えばメンドウです。
b0049180_15424113.jpg

[PR]
これは、リリースサイズです。
b0049180_15405797.jpg

[PR]
今年は台風に地震に、まさに災害立国の底知れぬ恐怖を痛感した年である。
いや、まだ年は終わってはいないが、各地に残された爪跡を、これ以上欲する必要もないだろう。

先日来の台風では、我が棲家も微小な影響がありました。
電気、水道の不通。
日頃の飽食・利便性の高い生活から見ると、それは困窮とした一夜であった。

それ以上の苦汁を、今、新潟や三重で味わっている方がいる。
我に出来うることは、、、、一体なんだろうか?

各地で被災された方にお見舞い申し上げます。
[PR]
バンブーロッドに傾倒して、早4年が経ちました。
素人にちょびっと産毛が生えた程度の知識と、持ち前の無計画な性格から生み出されるロッドは、いかにも「手づくり」的である。
さながら、吊るしの背広並の貧相さであるが、我が子を溺愛するがごとくの愛着がある。

今回、初めてトンキンという竹を用いた。
真竹とてんで違う性質に驚いている。
 ・ なにせ硬い
 ・ 繊維が密すぎて、ヒートガンの熱が伝わり難い→曲げ難い
 ・ 水分が少ない → これは竹の種類というより保管状態の違いか?
 ・ 焦げる匂いが若干甘め

どんな竿に産まれてくれるか、非常に楽しみである。
[PR]
# by gogihashi | 2004-10-22 10:08 | 竹竿 考
とうとう、ブログに手を染めてしまいました。
拙HPの更新も、倦怠期の夫婦よろしく、まったく手が付けれない状態です。

今シーズンの渓流フィッシングが終わって以来、初めての塩水ゲームに挑戦しております。
が、なかなか一筋縄ではいかない、厳しい釣りなんだと、渓流よりストレスが溜まっちゃっています。
と言いますのも、セイゴ(はやくフッコサイズを)に弄ばれていまして、今もって#8ロッドを心地よくのしてくれる魚に出逢えていないのです。
慣れないリトリーブの釣りなので、近頃では疲れてしまった。
そういうときには、マーカーフィッシングでメバルに相手をしてもらっています。

たまに、、、、煮付けたりしますが。b0049180_14324116.jpg
[PR]