人気ブログランキング |

傾向

下げから干潮、そして満ち上げ直後まで、潮が動いていると魚達は口を使う。

今回分かったことは、
・ 流速、狙う水深によってシンクティップを的確に選択すべし
・ 流れの方向を読み、ラインのふくらみをコントロールすべし
・ 濁りの度合いとフライのカラー選択がキモである
・ 濁りが薄い場合、クリアのティップに分がある
・ ティペットの太さもかなり影響する
・ コツコツという小さなアタリは小さな魚か、もしくはフグターズ
・ ひったくるアタリはあわせちゃダメダメ・・・
・ いい加減、ナイロンウェーダーは自虐的な存在
b0049180_19313531.jpg
b0049180_19315197.jpg


チヌもキビレも好調で、2日間、干潮挟みのわずかな釣行時間にもかかわらず、総計10枚の水揚げに成功。
まだまだ続く、と思う。
by gogihashi | 2009-08-10 19:36 | 塩水ゲーム | Comments(10)
Commented by orita at 2009-08-10 22:07 x
おーまいごっど。
先生今度指導して下さい・・・。

某干潟、朝方ちょろっとだけやってみましたが、いまいちな感じでした。
Commented by gogihashi at 2009-08-10 22:37 x
Oritaさま、スペイロッドを抱えて広島にきんさい。
って、冗談ですが、これから秋までこの調子はつづくものと思われますよ。
チヌがいれば何らかのコンタクトがありますから、結構集中して釣りができます。
某干潟も、干潮からの込み潮が狙い目かと踏んでます。
それと、日中より、やはり夕マズメから夜半がお勧めっす。
来月、是非しまなみで。
Commented by P-20 at 2009-08-11 06:38 x
おお、お見事
わたしゃ、仕事の泥沼にずっぽりはまって、
干潟の泥の上にはたてそうもありません
Commented by gogihashi at 2009-08-11 22:57 x
P-20さん、仕事の泥沼化ですか。ご愁傷さまです。
とかいうわたしの仕事ものっぴきならぬ状態で、盆休みもスクランブル待機か?ってとこです。
携帯が通じないところにはいけないわけで、それで干潟にお熱を上げているとも。
お暇になられたら御一報ください。。
Commented by Breathe at 2009-08-11 22:59 x
お見事~。かに大将万歳!!
Commented by misago at 2009-08-13 20:38 x
う~ん、いい仕事してるねぇ~。。パチパチ!!
壷を探り当てた感じじゃね。お見事です。
Commented by gogihashi at 2009-08-17 20:26 x
Breatheさん、なにはなくともカニ大将です。
ラバーレッグが効いているような感じで、干潟のパイロットフライとして大活躍しております。
いまのところ、日中のみの釣果ですが、夜用はこれに光物を混ぜればいけそう。
ただ、ワンパターン化しつつあるので少々飽き気味でもあります。
Commented by gogihashi at 2009-08-17 20:29 x
ミサゴさん、調子こいて日曜日の込み潮を狙ってみたんですが、バイト激減でした。
やはり、河口とはいえ、ある程度流れがないと活性が上がらない感じでした。
あと、しまなみのように、クリアな水色の場合の検証が残っております。
Commented by よねさん@鱒美 at 2009-08-18 20:50 x
細かいデータの積み重ねは、良い釣果の肥しになりますね~。
しかし、真夏の海岸でナイロン・ウエーダーは、サウナ効果満点でしょうなぁ。
とか言うおいらは、年がら年中ナイロン・ヒップウエーダーですが(^^;
Commented by gogihashi at 2009-08-18 22:30 x
よねさん、トライアンドエラーであり続けるがゆえ、フライフィッシングが面白いと思ってます。
ナイロンウェーダーですが、、、、えもいえぬフレグランスで満ち溢れております。
実にヤバイにほいですよん。。